人気の結婚指輪はいっそ保管してしまう

結婚指輪は奮発して人気ブランドのダイヤのハーフエタニティなどを購入したものの、パートナーは仕事の関係で指輪はつけないし、2人分をきっちりとケースに入れたまま保管しているという人もいます。

その代りに、ステンレスやシルバーなどの似たように見えるフェイクのリングを、日常遣い用に身に付けているという人もいます。

結婚指輪がない指は心もとないけれど、本物は日常生活で傷をつけたりするのがイヤだからという理由のようです。

実際、ファッションリングにもさまざまなタイプがあり、デザイン的には同じようなものが見つかることもありますよね。

人気ブランドのデザインものの結婚指輪を買ったものの、もったいなくてつけられないという人は、似たようなファッションリングを買ってきて、本物は保管しておくというのもいいでしょう。

▼きちんと保管しておかないとこんな事に!⇒【URL:http://labaq.com/archives/51863803.html

もちろん、本物の結婚指輪は親族の集まり、結婚式、子どもの入学式や卒業式などに身に付けるようにすればいいでしょう。

きれいに保管してあった結婚指輪は、いつまでも傷も少なくきれいなままです。

保管している時に中止したいのは、しばらくぶりにつけようと思ったら、サイズが変わっていて入らない、ゆるすぎてぐるぐる回るようになってしまったということでしょう。

毎日身に付けていないので、サイズが変わったことに気付かないのです。

サイズが変わったら、購入したお店に出かけて、サイズ直しをお願いしましょう。

指のサイズは意外に変化するものです。

サイズ直しのできにくいエタニティなどは要注意です。

This entry was posted in 大切な結婚指輪. Bookmark the permalink.

Comments are closed.